千葉県の葬儀、風習などについて

category01

県ごとに葬儀のしきたりが違うことはまれに見られることですが、千葉県においても葬儀において独自の風習があります。千葉県の葬儀は比較的、飲食や接待費などが多いと言われています。
それだけもてなしの気持ちが強い地域といえますが、風習や習慣を知らないまま参加するのも失礼にあたることと言えます。

千葉で葬儀に今、注目が集まっています。

できるだけ事前に独自の風習を理解しておき、実施されるかどうかを確認しておきましょう。
比較的知られている風習が千葉県の葬儀での「夜伽」の風習です。

これは故人の通夜に行われます。
通常であれば通夜の2、3時間後には参加者が就寝することになりますが、「夜伽」の場合は寝ずに一晩中起きて番を行うのです。


その際には他の参加者、親族なども食べ物などを持ち寄り飲食をともにします。
この飲食の会合は「夜伽見舞い」という名称があり風習のひとつです。



通夜の一晩中こうして故人の思い出を語りながら弔いを行います。

他にポピュラーなものとして「長寿銭」のしきたりがあります。

こちらは長寿をまっとうした故人の葬儀の際に行われる習慣です。

故人の会葬礼状を配布する際に、一緒にぽち袋も配布するというものです。

このぽち袋、紅白水引が印刷してあり「長寿」と書かれたものが使用されます。

中身は5円玉に紅白の紐を通したものです。



こうすることによって長寿をまっとうした故人にあやかろうという風習なのです。
お葬式には通常紅白の色は使用されませんが、「長寿銭」については紅白の水引が用いられます。
こうしたあたたかい風習が残っているのが千葉県なのです。


葬儀の情報まとめ

category02

終活も終わりに差し掛かり、そろそろ自分の没後のことを気にし始める時期になってくると、葬儀業者をどこにするかで悩む方も少なくありません。お葬式は亡くなってから遺族で決めればそれで良いと思っている方ならば、遺族に一任するのも良いですが、なるべく自分で決めておいて家族の負担を少なくしたい場合には、事前に決めておくことが一番です。...

subpage

葬儀の専門知識

category02

茨城県内で葬儀を執り行う場合ですが、その式場をどのように定めるのかは重要です。葬儀の際には大勢の弔問客が同じ時刻に集まることになりますので、それなりの大きさをもった式場を用意しなければなりません。...

subpage

葬儀のみんなの常識

category03

茨城県では場所によっては葬儀直前までは仏式で行い、葬儀は神葬で行うというおうちもあるようです。そのため、枕飾りなどの道具にも違いがかかなりあります。...

subpage

葬儀の知りたい情報

category04

茨城県で葬儀を執り行うために必要となる費用は、全国的に見てもかなり平均的となっており、茨城県で葬儀を執り行う時には全国平均程度の出費と考えておくべきです。しかし一昔前とは異なり、葬式のスタイルは全国的に見ても大きな変化があります。...

subpage