img_02

わきが治療の意外な一面を紹介します

二十歳のころは肌に張りがあり、多少無理をしても次の日に影響することはありませんでした。
前の日に無理をしても、化粧を落とさなくても、肌もクスまず目の下にクマも出来ず、多少厚めに化粧すれば乗り切ることが出来ました。


美容を意識しなくてもそこそこのクオリティを保てていました。

しかし、四十路を過ぎればそうもいきません。

疲れは顕著に顔に表れます。目の下にクマは出来、肌はくすみます。そして年齢相応に、肌はたるみはじめ、毛穴が開いてファンデーションのノリは悪くなります。


それに、ある日突然気づくのです。鏡の中の自分を見て愕然とします。
その時になって初めて、若い時と同じ美容法ではもう対応出来ないのだと気づきました。

メイクではごまかしきれません。



そこで美容法について考えるようになりました。私はまず基礎化粧を変えることから始めました。

肌の調子を整えるために、洗顔方法を変える、化粧品をアンチエイジングのものに変える、マッサージを取り入れる、パックを定期的にするなど、四十路なりの美容法を心掛けるようになったのです。
若い時の張りのある肌に戻ることはできませんが、四十路なりの美しさを保つことを目標にしました。

そして、食事に気を使うことも美容法のひとつです。

大阪ミラドライ治療センターに有効な情報の紹介です。

毎朝、フルーツとヨーグルト、野菜サラダは必ず食べます。
フルーツはビタミンを取るために、ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やして免疫力を高めるために、野菜サラダは食物繊維を取るためです。

そして、夕ご飯は魚を中心の生活を心掛けています。食生活は一番大事な美容法であり健康法ではないでしょうか。そして、時にはプロの手も借ります。

エステに行き、肌のコリを取っていただき、毛穴のケアなどもしていただきます。


二十歳のころの肌に戻ることはありませんが、年相応の美しさを保つ努力をしています。

日々、生活の中で美容を常に意識することで、肌だけではなく、心や体まで健康で若々しくいられると感じるようになりました。