茨城県での葬儀の風習について

茨城県では場所によっては葬儀直前までは仏式で行い、葬儀は神葬で行うというおうちもあるようです。
そのため、枕飾りなどの道具にも違いがかかなりあります。

茨城で葬儀ついてはこちらのサイトでご確認ください。

焼香も神葬では行いますが、仏式ではそれがありません、家々によってかなり相違があるので、葬儀社での間でどのように進めていかれるかを念入りに打ち合わせることが必要となります。
また葬儀は一般的に、友引の日には行いません。



友を引っ張る、他の人を死への道連れにするということで、式を行うのに適している日とされていません。

しかし茨城ではあまり関係なく、藁で作った男女の人形を棺にいれる風習があります。


不幸を一緒に連れていってもらうためという意味がこめられているのです。また葬儀に出て帰宅する前に、家の門の前で塩を体に振りかけてから中に入りますが、茨城のある地域では、お塩と鰹節を一緒に食べるという慣わしがあります。
中には鰹節を清めるためにそのまま振り掛けるということもします。お清めの際には神様が降りてきて神威を持ってその人がいるその場所を清めることお清めになるのです。
それには神様に海のもの、山のものや米、塩、水や酒を供物として捧げます。
その中で鰹節は海のものでできている、鰹の代用ということで鰹節をそのままお清めに使っています。



また清めるのは参列した人だけではありません。茨城には七日ざらしという故人の着物を水でぬらして北側に干すという慣わしがあります。
これには穢れを清めるという意味があります。